骨盤の動き

骨盤はいろいろな方向に動くことができるのをご存知ですか?

骨盤の動きは立ち上がりや歩行に非常に重要な役割をします。今回は骨盤の動きを一緒に確認してみましょう。

最近ベリーダンスやハワイアンダンスが人気で、テレビでも見かけることがありますが、やはり印象的なのは独特の腰つきではないでしょうか。

あの腰つきを可能にするためには、骨盤がしっかり動く必要があります。

骨盤は上半身と下半身をただ繋げているだけなく、動きの中継役としても大切な役割を果たします。

座位や立位では骨盤の傾きが、腰椎や下肢の動きに大きな影響を与えますし、骨盤の回旋はスムーズな歩行に不可欠なのです。

前傾はおへそを前方に突き出すような動きで、後傾はおへそを引っ込めるような動きになります。

骨盤の前傾と後傾は、立位よりも椅子に座って行うとわかりやすいです。その際、両方の腸骨稜(いわゆる腰骨)を両サイドからしっかりつかんで、骨盤の動きを確かめるようにしてください。

骨盤の動きが硬いと前傾では胸を張るようにしたり、後傾では背中を丸めるようにして、胸椎や腰椎で起きる代償が、あたかも骨盤が動いているように錯覚してしまいがちです。

あくまで動かすのは骨盤ですので、骨盤の動きをしっかり確認してください。

 

次に骨盤は正面からみて左右に傾くことができます。

 

左右に傾くとは、左右どちからの腸骨稜が上がり、もう一方が下がることを意味します。上がる動きを挙上、下がる動きを下制といいます。

 

 

 

骨盤は回旋することも可能です。

 

回旋とは、骨盤を上から見た時に、左右どちらかの腸骨稜が前方に出て、もう一方が後ろに下がる動きになります。

 

このように大切な骨盤の傾きや動きですが、普段の生活の中であまり意識することはありません。

当院では、骨盤の傾きを確認しながら施術を行なっています。

皆様のライフスタイルに合わせた当院オリジナルの『骨盤調整』、ぜひ一度ご相談ください!!

それではまた(^^)/


ライト整骨院森下院

●受付時間

平日9:00~12:00/15:00~21:30

土曜9:00~15:00

日祝日休診

 

●電話番号

03-6875-5678

 

●住所

〒135-0004 

東京都江東区森下1-13-2

クレヴィア森下駅前101

都営新宿線・大江戸線の森下駅A4出口にて地上に上がり、右へ直進10mで右手に当院がございます。